前へ
次へ

矯正歯科及び審美歯科の良い点と悪い点

矯正歯科及び審美歯科にはいい点と悪い点があります。
矯正歯科のデメリットは、歯をゆったり動かす必要があるため、期間がかかる事と、ワイヤーをつけることから期間中は見た目が悪くなる事です。
その一方で、透き通ったマウスピースによる矯正についても行なえますので、それほど問題ではなくなる傾向にあります。
利点は、自身の歯を削らず、かみ合わせが快復することです。
それとくらべて、審美歯科は治療のための期間が短く済む事、歯の色を希望している色に白くできる事がメリットです。
デメリットについては、歯を削り被せるため、境目から虫歯がもたらされることが在りえることと、歯茎そのものが退縮した場合境目が見える事があります。
その上、被せものは接着剤を利用することによってつけるので、やり直しが欠かすことはできません。
テレビタレントと同じ様に矯正する時間がないケースでは、審美歯科はおすすめできますが、それ以外は矯正がお勧めです。

Page Top